病院でそばかすを消す?どんな治療方法なの?

子供の頃に、頬に散らばっていたそばかすは、成長と共に消えて行くことが多いです。

 

でも、大人になって出てきたそばかすは、なかなか消すことができません。

 

そばかすはチャームポイントになることもありますが、消したいと思う人も少なくないですよね。

 

フレキュレルを使ってケアするにも、時間はかかります。
どうしてもそばかすを消したい場合は、クリニックを受診する方法が一番良いかも知れません。

 

 

治療方法は色々あります。
その一部をご紹介しますね。

 

 

まずは、光による治療です。
そばかすは性質的に広範囲に散らばっている事が多いですよね。

 

シミを消す時はレーザー治療などを利用しますが、広範囲に広がるそばかすを治療する場合は、患部全体に優しい光を当ててそばかすを薄くする光治療が行われます。

 

基本的には、お肌の新陳代謝を高める効果のあるIPL(インテンス・パルス・ライト)を用いる方法と、IPLとRF(高周波エネルギー)を組み合わせお肌内のコラーゲンの線維芽細胞を活性化させる方法があります。

 

 

光を使った治療の他にも、ケミカルピーリングを利用した方法もあります。
ピーリングを行い、お肌に溜まった古い角質や老廃物をそぎ取る方法ですね。
ピーリングを行って、お肌を活性化させることで、シミやそばかすを治療します。

 

 

美容成分をお肌に供給する、イオン導入と言う方法もあります。
美容効果のあるビタミンA誘導体・レチノールやビタミンC誘導体、プラセンタなどをお肌の深部まで浸透させる方法です。
これも、お肌本来の力を活性化させることでそばかすの治療を行います。

 

 

お薬を処方される事もあります。
お肌に直接塗る外用薬や身体の中から改善する内服薬があります。

 

外用薬の場合は、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏が処方されます。
ハイドロキノン軟膏は、メラニンの生成を抑制してそばかすを改善する軟膏です。
トレチノイン軟膏はターンオーバーを促進し、コラーゲンやヒアルロン酸の生産を向上させる事でそばかすを改善させます。

 

内服の場合は、トラネキサム酸が処方されることが多いようです。
メラニン色素の沈着を抑制する効果があるそうですよ。

 

そばかすの他にも、肝斑の治療にも有効です。

 

 

大人そばかすでも普通のそばかすでも、クリニックでの治療方法は同じそうです。

 

そばかすの症状と言うのは人それぞれ違うそうなので、まずはクリニックで相談してみて下さいね。
一つの治療方法ではなく、複数の方法を組み合わせて相乗効果を高めたりして治療してくれるそうですよ。