大人そばかすの原因。もう子どもじゃないのに、何でできるの?

そばかすは、子供の頃だけ出てくる物と言うイメージはありませんか?
でも、大人になってもそばかすができることがあります。。

 

大人そばかすに特化した化粧品フレキュレルが話題になっているくらいですから、多くの人が大人そばかすに悩んでいる証拠ですよね。

 

大人になって出来るそばかすは、紫外線を浴びすぎていたり生活習慣が乱れたりすることが原因です。

 

子どもの頃に出来るそばかすは、遺伝が原因のことがほとんどです。
そして、成長と共にそばかすは消えて行くことが多いです。

 

大人になってそばかすが。その原因とは

 

一方で、大人になってから出来た大人そばかすは先ほど書いた様に紫外線や生活習慣が原因のことがほとんどです。

 

そして、一度出来てしまうとなかなか消えないと言う特徴を持っています。
一度大人そばかすが出来てしまうと消えにくい・・・怖いですね。

 

 

そばかすは、お肌の中のメラニン色素が生成されすぎて体外に排出されずお肌の中に留まり続けてしまうことが原因です。

 

シミやそばかすの話になると悪者にされてしまいがちなメラニン色素ですが、彼らにも立派な役割があります。

 

お肌にとっては有害な紫外線や外部刺激からお肌を守る役割を持っているのです。

 

本来ならば、役割を終えたメラニン色素はお肌のターンオーバーと一緒に体外に排出されていきます。
だから、お肌に蓄積する事なんてないんですね。

 

でも、紫外線を浴びすぎたり生活習慣が乱れると、メラニン色素の生成と排出のバランスが崩れてしまうんです。

 

紫外線を浴びすぎると、当然メラニン色素の生成は増加します。
増えすぎたメラニン色素は、お肌のターンオーバーのタイミングで排出しきれなくなってしまいます。
残ったメラニン色素はお肌の中に留まり続けた末、色素沈着を起こします。

 

紫外線をあまり浴びていなくても、生活習慣が乱れているとやはりメラニン色素はちゃんと排出されません。
生活習慣が乱れると、お肌のターンオーバーは周期が長くなったりします。
周期が乱れていなければ排出できていたメラニン色素や老廃物は、周期が長くなってしまった事でちゃんと排出されなくなってしまうのです。

 

 

大人そばかす対策を行う場合は、紫外線と生活習慣に気を付けて下さいね。

 

常に紫外線対策は行って下さい。
季節に関係なく、日焼け止めは塗った方が良いですよ。

 

また、日傘や手袋を使って紫外線をガードしてあげましょう。

 

 

お肌のターンオーバーを正常に保つ事は、そばかす対策でもあり美肌対策でもあります。

 

注意したいことは、ターンオーバーを早くしようとお肌をゴシゴシ擦って洗ったり、過度のピーリングを行ったりしないことです。
ターンオーバーは早くても遅くてもダメなんですよ。

 

今はそばかす専用ケア製品も発売されているので、それらを使ってスキンケアを行うのもいいですよね。