そばかすにも種類があるんです!あなたはどのタイプ?

頬の周りなどに、小さな黒い斑点が散らばるそばかす。

 

チャームポイントに思う人もいますが、気になる人もいますよね。

 

大人なのにそばかすがあると、シミが多い様に思われて少し気になります。
最近では、大人そばかすで悩む人が増えているんです。

 

そばかすは、薄茶の小さな斑点が頬を中心に広範囲に散らばっている状態の物です。

 

小さな斑点が散らばっている点や、遺伝性の物で子供でも発生する点がシミとは違います。
そばかすは多くは子供の頃に発生します。

 

でも、大人になってもそばかすが発生することもあるんですよ。

 

そばかすの種類とは?

一般的なそばかすは、遺伝性の物です。

 

子どもは、紫外線を浴びてきた期間が圧倒的に短いので、シミが現れることはありません。

 

そんな子どもに出来るのが「そばかす」です。

 

この遺伝性のそばかすも、メラニン色素の影響で発生するので、紫外線を浴びたりすると色が濃くなったりします。

 

一方で、遺伝性のそばかすは成長と共に薄くなり、大人になるころには消えてなくなっていることも多いです。

 

欧米の人だと、子供の頃はそばかすが多かったけど成長すると綺麗に消えていることも多いですよね。

 

 

遺伝性ではなく、大人に成長した後で発生するそばかすを、一般的に大人そばかすと呼んでいます。

 

大人そばかすは、シミと同じ様に、紫外線や生活習慣の乱れが原因で発生するそばかすです。

 

遺伝性のそばかすが時間の経過と共に消えるのと違い、大人そばかすは発生すると消え難いと言われています。

 

大人そばかすは、形状的に似ているのでそばかすと言いますが、いわゆるシミと同じと考えられます。
ケアをするときも、シミと同じケアを行うことになります。

 

 

いわゆるシミですが大人そばかすの様に小さな斑点が散らばっているのが、花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)です。

 

強い日焼けの後に出来る事が多いシミの一種です。

 

夏の終わり頃に徐々に現れます。

 

花弁状色素斑は紫外線対策をしっかりする事で防ぐことが出来ます。

 

花弁状色素斑は、ピーリングを行うことで薄くすることができます。

 

ただ、花弁状色素斑は強い日焼けの結果できるシミなので、タイミング悪くピーリングを行ってしまうとお肌に与えるダメージが大きく、赤くなってしまう場合もあります。

 

遺伝性のそばかすも、大人そばかすも、対処方法は基本シミと同じです。

 

原因は異なっていても、シミになってしまう理由はメラニン色素に沈着にあるからだそうです。

 

いかにメラニン色素を体外に排出するのか、メラニン色素を生成しない様にするのかが大切になります。

 

サプリを使用したり、大人そばかすに特化したスキンケア、例えばフレキュレルのようなものを取り入れましょう。