えっ?シミとそばかすって違うものなの?

シミとそばかすって同じモノだと思っていませんか?

 

私は思っていました。

 

でも、シミとそばかすは全く違うものなんですよ。

 

 

シミは、お肌の炎症やニキビ痕によって引き起こされることが多いですよね、

 

他にも紫外線のダメージがお肌に蓄積されて、加齢と共に現れることも多いそうですよ。

 

確かに、ニキビ痕はそのままシミの様になってしまうことがありますよね。

 

シミと言えば、老化現象の一つと言うイメージがありますね。

 

イメージの通り、老化が原因で出来るシミの事を「老人性色素斑」と言うそうです。

 

でも、老化とは関係なく出来るシミがあります。

 

「肝斑」と言うシミはホルモンバランスが崩れた場合なんかにもできたりします。

 

シミの出来る主な原因はお肌への刺激です。

 

お肌は刺激を受けると、刺激からお肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。

 

メラニン色素は通常なら一定期間で体外に排出されます。

 

でも、メラニン色素があまりに多く生成されると体外に排出されずお肌の中に残る様になります。
残ったメラニン色素はどんどん蓄積され、30代後半や40代くらいになった頃、シミとしてお肌の表面に現れるんですね。

 

シミとの違い。そばかすはどんなもの?

 

一方で、そばかすの方は遺伝性の物がほとんどだそうです。

 

そばかすと言う名前は通称で正式名称は「雀卵斑」と言うそうです。

 

小さな楕円状の黒ずみが、鼻の周りや頬に出来やすい事が特徴になります。

 

また、意外と知られていませんが、そばかすは顔意外の部分にもできるんですよ。

 

そばかすは、比較的若い年齢から現れますよね。

 

小学校低学年くらいから現れることが多いです。

 

若い子供は紫外線を浴びてきた量が少ないので、基本的にシミなんかは出来ません。
でも、そばかすは遺伝的なものなので出来てしまうのですね。

 

遺伝的な物なので、そばかすの原因と紫外線は無関係です。

 

でも、そばかすは紫外線を浴びると濃くなる特徴を持っています。

 

また、シミとは逆に年齢と共に薄くなることが多いです。
子供の頃にそばかすが散らばっていても、成長するといつの間にか無くなっていることはよくある話ですよね。

 

そばかすとシミは先天性なのか後天性なのかや、遺伝が関係しているかなどの違いがあります。

 

でも、両方とも発生の引き金になるのはメラニン色素なんですよ。

 

ここに違いはないんですね。

 

そばかすは紫外線を浴びると濃くなる事があるそうですし、シミにとって紫外線は大きな原因の一つですよね。

 

シミに悩む人もそばかすに悩む人も、紫外線対策は欠かさず行った方が良いみたいですね。